お問い合わせはお気軽に 電話番号042-465-2239

自慢の料理

サンマーメンとは?

由来は諸説ありますが、一般的には昭和20年代前半、横浜市中区より、少し違う形で発売された、細切りにした野菜と肉のあんかけ麺(肉糸湯麺・ルースータンメン)、これが始まりでした。

その後、昭和20年代後半に横浜中華街に於いてもやしを加えて、現在の生碼麺(サンマーメン)になったと言われております。

 

生碼麺の語源ですが、広東語の発音からなり広東語では、当て字がよく使われていることから、もやしのシャキシャキ感を生きがいいとして(生-サン)、そして具をのせる、という意味に(碼-マー)が使われたと言われております。

また(馬-マー)の字には、早く・すぐに、という意味が使われていることから「生きの良さ(新鮮さ)」をより強調したとされています。

 

当店では、先代が華僑の方より教わったこの味を頑固に守り通し、豚、鳥の他9種類の食材から丁寧に出汁をとり安くてボリューム感があって栄養価満点な、この生碼麺(サンマーメン)をお客様に召し上がっていただいております。

サンマーメン

スーラタンメンとは?

たっぷりの酢と唐辛子を加え、片栗粉でとろみをつけた後、溶き卵を流し込んで仕上げた中華料理のスープのひとつで、中華料理を扱っているお店にはあることが多いメニューです。

当店でも取り扱ったところ、いつも来てくださる常連のお客様に気に入っていただき、瞬く間にサンマーメンと同じぐらい当店の人気メニューへとなりました。うれしい限りです。

 

こんな生い立ちの生碼麺(サンマーメン)を、酸辣湯(スーラタンメン)これからもよろしくお願い申し上げます。

スーラタンメ